「解雇和解と源泉税」

税理士が源泉徴収の必要を提起  平成30年6月、長崎地裁で、解雇和解金の源泉徴収をめぐる判決がありました。  事案は、弁護士事務所職員予告解雇事件で、まず、予告解雇無効と合意退職和解と解決金支払いとが和解事項となったという事実が前提にあり、次いで、解決金の支払いに際して退職金との認定リスクを想定して源泉徴収をしたという事実があり…
コメント:0

続きを読むread more