「換価分割の課税関係」

遺言執行者と相続人と受遺者  家事事件手続法は、①現物分割、②代償分割、③換価分割、を遺産分割方法と定めています。 換価分割は、金銭に換えて分割することなので、遺産の分配基準の公平性に優れているというメリットがあります。 相続財産性と換価差額  換価金銭は、相続財産そのものではないものの、金銭へと変化した相続財産…
コメント:0

続きを読むread more

「選択肢の増えている年金」

公的年金の制度は拡充されていて  日本の年金制度は、20歳以上の全国民が加入する国民年金(基礎年金)に加え、民間のサラリーマン等が加入する厚生年金保険、そして民間企業が実施する厚生年金基金や確定給付企業年金等の企業年金から構成されています。また、自営業者等向けとして、任意で加入できる国民年金基金があります。これらの年金制度は確定給…
コメント:0

続きを読むread more

「サラリーマンの予測値情報」

予測値なので不確か  サラリーマンは、年末調整の処理を受けるために、その年の最後の給与の前に扶養控除等(異動)申告書や配偶者控除等申告書を勤務先に提出します。記載情報は、その提出時や変更通知日における予測値になるので、結果的には年間の正確な数値でないことになるのは避けられません。  また、勤務先には、その提出されたデータにつき、…
コメント:0

続きを読むread more