「贈与税の配偶者控除と登記」

居住用不動産を贈与したときの配偶者控除  婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2000万円まで控除(配偶者控除)できます。  この特例の適用を受けるには贈与税の申告書と次の書面の提出が必要です。 ①贈与日後10日経過後の戸籍謄本・…
コメント:0

続きを読むread more

「民泊用建物の仕入税額控除」

専門誌の気になる記事  税理士業界の専門誌に、国税庁消費税課課長補佐、税務大学校研究部教授等々を歴任した人が、民泊事業に係る消費税について、次のように書いていました。  民泊用建物は「居住用賃貸建物」に該当し、民泊事業は「住宅宿泊事業」なので、住宅の貸付けに該当しないから消費税の課税対象になるものの、令和2年10月1日以後取得す…
コメント:0

続きを読むread more

「税理士事務所使用は仕入税額控除不可かも」

税理士事務所使用目的でマンション購入  マンションを購入して、税理士事務所としているケースは珍しくありません。フローリング仕様なら、居宅利用も事務所利用もそのまま障害なく可能です。  ところで、令和2年10月以後取得の居宅利用可能な住宅については、仕入税額控除の適用が原則的に不可となりました。  しかし、税理士事務所が課税事業…
コメント:0

続きを読むread more

「地積規模大の宅地の評価」

広大地補正率から規模格差補正率に  「広大地の評価」から「地積規模の大きな宅地の評価」に変わり、2年以上が経過しました。変更時は、大きな話題となり、専門誌にも何度も採り上げられましたが、再度、復習してみたいと思います。 制度の趣旨は開発分譲だけではない  大規模な土地を戸建住宅用地として開発分譲する場合に、主に面積…
コメント:0

続きを読むread more